緊急時の教育ローンガイド

家計急変時のための奨学金・教育ローン

 子供に勉強をさせてやりたい。と思う事は普通の親であればだれもが願う事であると言えます。

 しかし、失業や、破産。そして病気や事故による、死亡、入院。はては地震や風水害による自然災害等により家計が圧迫してしまい在学する事が難しくなってしまう可能生もないとは言い切れません。

 そこで家計急変時のための奨学金・教育ローンがあります。通常の奨学金と言いますと、申し込み期間というものがあり、その期間内に申請しなければ

 奨学金を受ける事が出来ないと考えがちでありますが、在学途中でも奨学金を受ける事が出来る制度があるのです。

 現在の日本の奨学金制度は予約採用と、在学採用の2種類の奨学金制度があります。予約採用は入学する前から申し込みをする事が出来、まだ学校を決めていない段階でも申し込みをする事が出来ます。

 それから在学採用は毎年春に学校側で奨学生募集を行います。予約採用で不採用になった方も再度申し込む事が出来ます。

 そして、この2種類とは別の特例的な奨学制度は緊急採用奨学金と、応急採用奨学金制度と呼ばれています。

 これが家計急変時のための奨学金・などの奨学金制度です。まず、緊急採用奨学金制度応急採用奨学金制度ですが、この二つの違いとしては無利子か有利子としての違いがあります。

 緊急採用は無利子となっており第一種奨学金です。この緊急採用の採用基準は現在の在学校で優秀な成績であるかどうかが基準となり、成績が3,5以上、大学では3分の1以上の順位で申し込む事が出来ます。

 応急採用は有利子となり、第二種奨学金です。そして平均以上の成績を治めており、学修意欲がある学生であれば申し込みをする事が出来ます。

 申し込み方法、そして申し込み場所についてはどちらも在学中の学校で申し込む事が出来ます。

 そして、家計急変から12カ月以内であればいつでも緊急採用、応急採用奨学金を申請することが出来ます。

 奨学金は卒業時まで貸与を受ける事が出来、卒業後に返還する事となります。貸与を受けた奨学金は貸与が終了してから6ヶ月後からの返還となります。

 3月に卒業した場合9~10月からの返還です。奨学金は卒業後返還を行いますが、返還された奨学金はまたさらに後輩の奨学金として受け継がれていく事になります。

 返還をしなければ困ってしまう後輩も沢山いますので、滞りなく必ず返還をしましょう。

 返還が困難な場合には、「返還期限猶予制度」「減額返還制度」がありますので、無理のない範囲で返還していく事も大切です。

教育ローン審査が甘いのはどの銀行?

アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを利用することは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人になっていなければ借り入れることができません。

また、融資を受けるには安定した収入が必要となっているところが多いので勤続年数は最低でも2年以上必要と言われています。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。

いずれにせよ、借主が学生自身というのは珍しいことなので奨学金を申請した方が審査に通りやすいと思います。

学生本人が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的にはできないと思われます。

学費が目的であってもローンはローンなので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのために融資を受ける人物が成人であることや安定した収入があることは必須条件となります。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などすべてを自分の稼ぎで賄えていることも重要です。

故に、国の教育ローンに融資を期待するよりも銀行の教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。

教育ローンの融資の受け取り方法のひとつに全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行などはこのタイプを採用している所が多いです。

一括借入れ型の特徴をご紹介するとローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。

教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最高350万円です。

民間の銀行では300万円から1000万円程度が一般的です。

就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、3000万円まで融資してくれる銀行もあります。

一方、信販会社は学校と提携している場合があり、提携校によって融資額が変わりますので、学校と提携しているローンが1番お得だとは限りません。

教育ローンもローン契約であることは間違いありませんので、利用する際には審査に通る必要があります。

参考:教育ローン審査が甘い銀行は?落ちたらどうする?【学費を借りたい】

審査を受けるため用意しておかなければいけないものがあり、本契約までに全て揃えておかなければなりません。

借入申込書はネット申請は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などといった、収入証明書類は必要になります。

運転免許書やパスポートなど本人が確認できる書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書あるいは通帳のコピーが必要になります。

ですが、何より最も肝心な書類は在学を証明できる書類であったり、合格が確認できる通知、入学許可書ということになります。

国が学びたい学生のために融資をしている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫という政策金融機関が取り扱っています。

教育一般貸付(国の教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

金利は年1.76%と低く設定されており固定金利になっているので安心して利用することができます。

所得や子供の数によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

ローンの使途は銀行やノンバンクよりも幅広く受験時の交通費や宿泊費なども認められています。

教育ローンの金利は融資してくれる金融機関によってかなり差があります。

低金利なところだと1%台だったりするのですが、高いところでは金利が10%近いものもあるのです。

銀行の教育ローンでしたら口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

また、金利の計算方法には2つあり変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

今は低金利の時代になっていますので固定金利の方がリスクがないと思われます。

教育ローンの返済方法をお知らせします。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

返済期間についても長いローンで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長期化すれば返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

教育ローンを比較するのであればランキングサイトの利用がおすすめです。

わざわざ銀行へ出向いたりを回ったり電話で資料請求する必要もありません。

借入可能額や金利などの具体的な数字は表になっているので簡単に比べることができます。

表の中には、来店の有無やローンのメリット・デメリットなどが掲載されているサイトもあります。

いちいち検索しなくても、銀行のHPがすぐ見られるようリンクが貼られていることが多いので是非ご活用ください。

教育ローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中でおすすめは国の教育ローンという国で融資してくれるローンです。

銀行と比べた場合最高融資額が350万円と少なめですが、年利はわずか1.76%で固定金利なので安心ですね。

使途は大学や高校以外にも専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

利用目的も入学金や授業料ばかりでなく受験料や受験時の交通費・ホテル代などといった支払いにも認められています。

教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵送やインターネットなどがあります。

郵送の場合は電話などで借入申込書を請求して届いた書類を記入し、返送します。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査の申し込みもWeb上で行うことができますし中々金融機関に行く時間が取れないという人でもありがたいですよね。

無事に仮審査申し込み手続きが完了したら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の小・中学校なども利用対象となります。

融資する金融機関は大手銀行をはじめ、地方銀行やノンバンクになります。

注意点は借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

通常のカードローンとさほど違いはなく限度額の範囲内であれば自分の好きなタイミングで自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

一般のカードローンと違うところは使途が教育資金に限られるということです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費が明確になる初年度は一括借入れ型で詳細が読みづらい2年目以降はカードローン型という金融機関もあります。

埼玉りそなの教育ローンについてご説明します。

埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンという商品になります。

りそな教育ローン変動金利方式を採用していますので、年に2回金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最低10万から1万単位で最大500万円まで借り入れることができ返済期間については最長14年まで借入可能です。

在学中は利息分のみの返済も可能で、納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

教育ローンと奨学金は教育に関する借金と言う点では同じかもしれませんがそれぞれ内容は異なります。

教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

借り方についても2つのローンには違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月ごとに定額で振込まれるのが基本です。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金に関しましては、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期ですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金は卒業後になります。

サイト内目次

緊急時の教育ローンガイド
緊急採用奨学金と、応急採用奨学金制度は、家計急変時のための奨学金・教育ローンなどの奨学金制度です。この二つの違いとしては無利子か有利子としての違いがあります。
過払い金の返還訴訟は簡易裁判所か地方裁判所
消費者金融業者から、借り入れを行い、実は利息を多く支払い過ぎていた場合、過払い金の返還訴訟を行い、各消費者金融業者から返還して貰う事が出来ます。
ブラックリストと、名のつくリストは存在しません
ある一定の期間以上に延滞をすると、個人信用情報機関という所に借金の延滞の有無を登録されてしまいます。この個人信用情報機関こそがブラックリストと呼ばれている所です。
大きな買い物は計画的に無理のない範囲で購入
いかに効率よく収入合算のメリットを生かせるかというのは、夫婦が安定的に継続した収入の上で申請することが望ましいです。住宅などの大きな買い物は計画的に無理のない範囲で購入することが一番です。
住宅ローンを見直し借り換えを検討
一度住宅ローンを組んでさらに借り換えを行うのは少々勇気がいる行為であると言えますが、現在の毎月の返済額も減らせ、結果的に総支払額も減らせるのですから、借り換えを行わない理由がありません
利率=利息
現在の国の法律では、アドオン金利の表示禁止をしていますので、大体は実質年利で表示されている事がほとんどです。
個人情報機関はブラックリストと同じような役割
個人信用情報機関は日本には大きく分けて5つあり、それぞれ銀行、信販、消費者金融、外資系などと系列ごとに分かれているのです。
教育支援費と就学支度費という行政の貸付制度
高等学校、大学又は高等専門学校への入学に必要な経費を貸付てくれる、教育支援費と就学支度費という行政の貸付制度があり、福祉支援金として、各都道府県社会福祉協議会で貸付を行っています。
個人情報機関とは、個人の信用情報を確認出来る機関
全ての金融機関やクレジットカード会社は個人信用情報機関にローン滞納と返済履歴情報を登録しなければいけませんので逃れられる事ではありません

Copyright (C) 緊急時の教育ローンガイド All Rights Reserved