緊急時の教育ローンガイド

アドオン金利の表示禁止

 キャッシングやローンを組むと、利率=利息と言うものが発生しますが、利息にも種類があり、利息の算出方法が異なるものもあります。

 その為、キャッシングや、ローンを組む時は数字に気を取られず、アドオン方式か実質年率かを確認しないと後々の返済時にトラブルが発生する要因にもなりかねませんのでかならず確認をする必要があります。

 まず、アドオン方式とは、ローンの返済終了までの期間、融資を受けた金額に利率をかけて、その融資金額の利息額を計算し、その利息と融資を受けた金額を合わせた総額を割賦回数で均等分割して1回の返済額を求める計算方法です。

 現在の国の法律では、アドオン金利の表示禁止をしていますので、大体は実質年利で表示されている事がほとんどです。

 ではその実質年利ですが、これは、元金に対して1年間に生じる利息割合のことです。

 この元金というのは、毎月、利息と元金を含めた金額を返済していきますが、その時の元金、すなわち元金の残債にかかる利息を割り出しているものを実質年利といいます。

 しかし、実質年利という名からも言えるように、年間にかかる利率になりますので、1年未満のローンなどの時は日割り計算をした利率の表示となっている事も考えられます。

 その為、ただ年利率という所に着目をするのではなく、直接確認を取る事も必要になります。

おすすめのおまとめローン情報サイト


Copyright (C) 緊急時の教育ローンガイド All Rights Reserved