おまとめローン審査落ちたと嘆く前に

借り換えのメリット

 住宅ローンなど高額な返済を行っている場合は金利も大きく結果的に総支払額も大きくなるのが普通です。

 現在の日本の利率も歴史的に低利率である事から、住宅ローンの金利も以前ほど高利であるとは言えませんが、それでも家計を圧迫する存在であるのは事実です。

 その為、借り換えをして、毎月の返済額や、総支払額を減らす事が出来れば、家計も安定し、余裕をもった生活を送る事が出来ます。

 例えば、現在返済している住宅ローンと借り換え先の金利の差が1.5%〜2%以上ある場合は借り換えのメリットとして総支払額や、毎月の返済額を少なく出来ます。

 そして、残債が1000万円以上であり、返済期間も10年以上ある場合はもはや借り換えを行った方が得であると言えるでしょう。

 これらの要件を満たしていれば、確実に借り換えのメリットとして支払い利息も減額され、毎月の返済額もへり生活に余裕が持てるはずです。

 一度住宅ローンを組んでさらに借り換えを行うのは少々勇気がいる行為であると言えますが、現在の毎月の返済額も減らせ、結果的に総支払額も減らせるのですから、借り換えを行わない理由がありません。

 いままで住宅ローンの返済で頭を抱えてきた人はもう一度現在の住宅ローンを見直し借り換えを検討することも改善の方法の一つとしてあげられます。

おまとめローン審査に落ちた人も多いの?

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、おまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、貸付利率は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンとは複数の金融業者から借金をしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供してる金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

いくら審査が取りやすいといわれる銀行カードローンやおまとめローンや借り換えローンなどでも審査に落ちたという人は必ず存在します。誰でも通るというわけにはいきません。

たとえば無職とか専業主婦の人はおまとめローンのみならず、消費者金融のキャッシングなどの審査にも通過しないと考えていただいていたほうがいいでしょう。これは審査が厳しいというわけではなく、そもそも収入がないので返済は難しいと判断されて借り入れ対象とならないわけですね。

おまとめローンの審査に落ちたくないし、借り換えのメリットを享受したいとお考えの方も多いこととおもいますが、審査に通らないというのは必ず原因があるものです。

参考:おまとめローン審査落ちたら?審査に通るコツ!【基準厳しいのは】

そのほか、過去にブラックで金融事故を起こしたことがあるという方は、借り換えローンやおまとめローンの審査に落ちた人が多いといいます。おまとめローン審査に落ちたくないなら、信用情報を 確認してみることをおすすめします。

おまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

多重債務を1本化できるおまとめローンはローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

おまとめローンの審査通りやすいところもある?

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済額がキツくなったという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

マイカーローンは5年から7年の返済期間ですからショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますがショッピング枠であれば利用することはできません。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいのでアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

ちなみに、多重債務者の方はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

又、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。


Copyright (C) 緊急時の教育ローンガイド All Rights Reserved