緊急時の教育ローンガイド

借り換えのメリット

 住宅ローンなど高額な返済を行っている場合は金利も大きく結果的に総支払額も大きくなるのが普通です。

 現在の日本の利率も歴史的に低利率である事から、住宅ローンの金利も以前ほど高利であるとは言えませんが、それでも家計を圧迫する存在であるのは事実です。

 その為、借り換えをして、毎月の返済額や、総支払額を減らす事が出来れば、家計も安定し、余裕をもった生活を送る事が出来ます。

 例えば、現在返済している住宅ローンと借り換え先の金利の差が1.5%~2%以上ある場合は借り換えのメリットとして総支払額や、毎月の返済額を少なく出来ます。

 そして、残債が1000万円以上であり、返済期間も10年以上ある場合はもはや借り換えを行った方が得であると言えるでしょう。

 これらの要件を満たしていれば、確実に借り換えのメリットとして支払い利息も減額され、毎月の返済額もへり生活に余裕が持てるはずです。

 一度住宅ローンを組んでさらに借り換えを行うのは少々勇気がいる行為であると言えますが、現在の毎月の返済額も減らせ、結果的に総支払額も減らせるのですから、借り換えを行わない理由がありません。

 いままで住宅ローンの返済で頭を抱えてきた人はもう一度現在の住宅ローンを見直し借り換えを検討することも改善の方法の一つとしてあげられます。


Copyright (C) 緊急時の教育ローンガイド All Rights Reserved