緊急時の教育ローンガイド

返済延滞とブラックリスト

 借金の返済延滞をすると、ブラックリストに登録されてしまうという事を耳にした事がある人もいるはずです。

 借金の返済延滞とブラックリストはかなり関係が深い事であり、ある一定の期間以上に延滞をすると、個人信用情報機関という所に借金の延滞の有無を登録されてしまいます。

 この個人信用情報機関こそがブラックリストと呼ばれている所であり、実際にはブラックリストと、名のつくリストは存在しません。

 この個人信用情報は過去にクレジットカードを作った事があったり、ローンや消費者金融業者からの借り入れがあった際に登録されます。

 借金の返済延滞をした場合も延滞をしているという事実が記録され、後々に新規でローンを組む際や、クレジットカードを作る際にローンが組めなかったり、クレジットカードが作れなかったりと不具合も生じる場合があります。

 また総量規制と言って、年収の3分の1までの金額しか借り入れが出来ないという法律があり、個人情報で現在の借り入れ額も調べる事が出来ます。

 万が一、新規でローンを組もうとして実際にはローンが組めなかった場合、個人情報機関で何らかの記録がされている事があります。

 融資をする業者はなぜ融資を行えないかという理由を直接本人に通知することが出来ませんので、個人で個人信用情報期間で確認する必要があります。

 


Copyright (C) 緊急時の教育ローンガイド All Rights Reserved